お知らせ内容をここにゲゲゲの鬼太郎のアニメ&映画の見る順番や無料視聴方法を紹介!入力してください。

石動零(ゲゲゲの鬼太郎)の声優やサヤとの関係を紹介【プロフィールまとめ】

石動零(ゲゲゲの鬼太郎)

この記事では、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期に登場した”石動零”がどんなキャラクターなのか紹介します。

具体的には、

  • 石動零の声優
  • 石動零とサヤの関係
  • 石動零がどんなキャラクターなのか

を紹介します。

この記事を読めば、石動零がどんなキャラクターなのかわかります。

3分程度で読める内容になっていますので、ぜひ、チェックしてみてください!

石動零は第6期に登場するキャラクター!

鬼道衆の能力を持っていて、強さは鬼太郎並です!

スポンサードリンク

タップできる目次

石動零の声優は神谷浩史です

石動零の声を担当している声優さんは”神谷浩史”さんです。

\ プロフィール /

名前神谷 浩史(かみや ひろし)
生年月日1975年1月28日
出身地千葉県松戸市(茨城県・牛久市育ち)
血液型A型
身長167cm
職業声優、歌手、ナレーター
詳細公式サイト

神谷浩史さんは、1994年から声優活動を開始しており、今では数々の賞を受賞している日本を代表する声優です。

受賞
2008年第2回声優アワードサブキャラクター男優賞受賞
2009年第3回声優アワード主演男優賞/ベストパーソナリティー賞受賞
2010年TAF東京アニメアワード声優賞(化物語/阿良々木暦役)受賞
2012年第6回声優アワード最多得票賞受賞
2013年第7回声優アワード最多得票賞受賞
2014年第8回声優アワード最多得票賞受賞
2015年第9回声優アワードパーソナリティ賞と最多得票賞を受賞
2016年第10回声優アワード最多得票賞受賞

*5年連続受賞によって、声優アワード殿堂入り

2009年からは、音楽活動も行なっており、幅広く活躍されていますね。

数々の人気アニメの主要キャラクターを演じており、『進撃の巨人』”リヴァイ兵長”『ONE PIECE』”トラファルガー・ロー”の声も演じていますね。

アニメキャラクター
斉木楠雄のΨ難斉木楠雄
クレヨンしんちゃんぶりぶりざえもん
黒子のバスケ赤司征十郎
SDガンダムフォースキャプテンガンダム
機動戦士ガンダムAGEゼハート・ガレット

>> 神谷浩史さんが演じたキャラクターはこちら

神谷浩史さんは、クールなキャラクターを演じさせたらピカイチですから、石動零役もぴったりですね。

石動零が妖怪を退治する理由はサヤにあり?

石動零は、妖怪を嫌っています。

その理由は『石動零の故郷である鬼道衆の村が、妖怪によって滅ぼされてしまったから』です。

鬼道衆の村は妖怪によって壊滅されてしまい、住民は命を奪われてしまったんですね。

さらに、その中には石動零と親しい関係にある鬼道衆の生き残りの”サヤ”もいました。

サヤは、当時、まだ幼い少女で、「零兄ちゃん」と呼んでおり、血の繋がりはないものの、二人は兄妹のように親しい関係にあったんですね。

以上の経験から、石動零は妖怪に対して強い憎しみを抱くようになったわけですね。

石動零のプロフィールまとめ!

石動零は、妖怪に対しては非常に冷酷であり『人間に害を及ぼす妖怪』に対して『全て狩られるべきである』という考えのもと、魂を吸収して自分の糧にしています。

そして、石動零は鬼太郎に対しても「歯向かう妖怪は容赦なく倒す」と語っています。

つまり、自分の邪魔をする妖怪は、例え鬼太郎であっても容赦無く倒すということになりますね。

鬼太郎も石動零も『大逆の四将を倒す』という意味では、同じ目的を持っていますが、考え方が違うため、協力関係にはありません。

実際、大逆の四将を倒す過程でも、二人は目的は同じものの、意見は合わず対立していました。

  • 鬼太郎 → 一度説得して、やむを得ない場合は倒す
  • 石動零 → 人間に害を及ぼす妖怪は問答無用で倒す

そんな、石動零は、鬼道衆の能力を使用する高校生です。

厳密には、鬼道衆の生まれではなく、孤児だったそうですが、師匠に拾われて以降は、鬼道衆の里で生活しています。

ちなみに、鬼道衆というのは『妖怪狩りの専門家集団』であり、『源頼朝の法師たちの末裔』でもあります。

そして、源頼朝の法師たちの末裔であったことから、過去に倒した妖怪を封印する方法や弱点は受け継がれているんですね。

さらに、『大逆の四将』を封印したのも鬼道衆です。

なので、石動零は『大逆の四将』を倒す方法を知っていることになるんですね。

そんな、鬼道衆”石動零”の能力は、妖怪を倒した後、自身の体に取り込んでパワーアップすることです。

両腕には『鬼神招来』という言葉から怪力を発揮して『鬼神の腕』となり、妖怪と互角に戦えるほどのポテンシャルがあります。

さらに、『怨』の掛け声で妖怪の魂と力を取り込んでパワーアップしますね。

また、鬼道衆から受け継がれている道具や最新機器を利用することがあり、妖怪『鵺(ぬえ)』を倒した際には、妖怪『鵺(ぬえ)』の声を防ぐためにノイズキャンセリング機能のイヤホンを使用し、源頼朝が使用したとされる弓を使用して倒しています。

鬼道衆の能力を使い、さらに妖怪を取り込んでいくたびにパワーアップすることから、鬼太郎とも互角に戦えるほどに強いです。

また、鬼道衆の能力を使わない状態でも、戦闘能力は高いですね。

しかし、最後は、妖怪を取込み過ぎてしまい、自分の体が魂の力に耐えられなくなり、自滅しています。

つまり、石動零はもともと、鬼道衆の末裔ではないため、体に取り込める妖怪には限界があったわけです。

石動零が体に妖怪を取り込んで敗北する回は、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期第75話【九尾の狐】で詳しく描かれています。

最後は、鬼太郎に加勢し、九尾の狐”玉藻前”を倒していますね。

最終的には、自分の生き方を見直すためにも、『一人前の鬼道衆』になるため、修行の旅に出ています。

ちなみに、石動零が登場するアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期『大逆の四将』編は第50話〜第75話までとなります。

まとめ:石動零は鬼太郎や犬山まなと出会い、考え方に変化が起きた鬼道衆です!

石動零は、過去の辛い経験から、妖怪に対して強い憎しみを抱いていました。

憎しみから、人間に危害を加える妖怪を容赦無く倒していましたが、鬼太郎と出会い、考え方に変化が起きましたね。

鬼太郎や犬山まなと出会い、現在は、過去の自分の生き方を見直すため、そして、『一人前の鬼道衆』になるため、修行の旅に出ています。

もともと、戦闘能力が高いですから、修行して一人前の鬼道衆となれば、さらにパワーアップするでしょう!

最後、犬山まなに対して、「あいつ(鬼太郎)に伝えておいてくれ。いつかはお前を倒すって」と語っていますが、修行次第では、鬼太郎と互角以上に戦える存在になってしまうかもしれませんね。

石動零は強いから鬼太郎の仲間になれば非常に心強いよね!

石動零は「いつかお前を倒す」って言ってるけど、本当の意味で二人が争うことはもうないと思うよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次